肌 トラブル 改善

浸透するビーグレンのスキンケア化粧品で肌のトラブルを改善して若返り

肌のトラブルの原因

肌のトラブルを引き起こす原因には、外的要因と内的要因があります。

 

内的要因
誰もが避けて通れないのが、加齢による老化ですが、科学技術の進歩や研究の成果で、加齢のスピードを遅らせることの出来る成分や、技術が開発され続けています。

 

その結果、肌の若返りに効果のあるスキンケア化粧品も次々と発売され、一体どれが自分の悩みにあっているのか、判断に迷うことも増えました。配合されている成分が、どのトラブルに効果があるのか、どのように効果を発揮するのかについても知理たいものです。

 

たんなる成分表示だけではなく、効果やテクノロジー、使い方等も丁寧に説明しているスキンケア化粧品を選ぼうと思います。

 

外的要因
ストレスや睡眠不足、タバコの煙などの有害物質、偏った食事など、いろいろありますが一番深刻なのが、紫外線によるフリーラジカルのダメージです。紫外線は生まれた時から浴び続けており、ある一定の量に達すると、それまで表に出て来なかったシミ等の肌トラブルが目に見えるようになるのです。

 

肌のトラブルの多くが紫外線によるダメージ、光老化が原因ともいえます。

 

光老化は真皮のコラーゲンやエラスチンと言った、肌に弾力をもたらす成分を分解したり、乾燥の原因になったり、と紫外線は浴びないことが一番。とは言え、それは不可能ですので、可能な限り紫外線を浴びない工夫が大切です。

 

生活習慣や食生活などを見直すだけでも、肌の改善に効果があります。

肌の改善〜バリア機能の修復と細胞の活性化

加齢による老化と紫外線による光老化、その他の外的刺激等、フリーラジカルのダメージが原因で起きる肌のトラブルは、表皮の肌のバリア機能やターンオーバーの乱れをを修復したり、真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を活性化させたりする事で改善出来ます。

 

ターンオーバーは表皮細胞が約28日かけて新旧入れかわり、肌の若返りをするメカニズムです。表皮の基底層で表皮細胞が生成され続けることで、古い表皮細胞が上に押し上げられて層を作っています。古くなってくると、やがて角化し最後はアカとなって剥がれ落ちていきます。

 

このサイクルが加齢や外部の刺激で乱れることで肌のトラブルが起こります。40代では約40日かかるようになり、角質層が厚くなって肌がゴワゴワしたり、くすんできたりします。

 

角質層の肌バリアが崩れることで、水分の蒸発や外部の刺激を受けやすくなったり、肌を修復しようと表皮細胞の生成が早まるため、未熟な細胞がどんどん作り出されて、かえってバリア機能を低下させてしまうのです。

 

分解される細胞とバランスがとれるようにフリーラジカルのダメージを防ぐことと、細胞の生成を活性化させる成分を肌に補給することで、ターンオーバーの乱れを修復したり、コラーゲン、エラスチンと言った美肌成分の生成を助け、肌を改善し、若返りさせることができるのです。

 

* フリーラジカルとは
 電子をひとつ失って非常に不安定な酸素分子です。他の細胞に出会うと、その分子から無理やり
電子を奪ってしまうので、健康な細胞を傷つけるのです。そして、電子を奪われた健康な細胞が、新たなフリーラジカルとなり、他の電子を求めます。

 

フリーラジカルは、呼吸や消化と言った日常の動作で毎日発生しています。加齢や外部の刺激が原因となり新たに作られる細胞より、フリーラジカルで分解される細胞の方が多くなってしまうことでバランスがくずれ、老化が加速されていきます。

フリーラジカルのダメージを阻止するのはビタミンC等の抗酸化物質です。

 

 

⇒ 肌は表皮、真皮、皮下組織から構成されています。肌のトラブルが起こる場所についても確認しておきましょう。


肌の改善と洗顔方法の関係

肌のトラブルの多くは、実は間違った洗顔による場合が多いのです。特に皮脂の分泌が多いためにトラブルが起きると考えられがちな、ニキビ、毛穴のトラブルにありがちです。

 

洗顔方法の基本は、ゴシゴシこすらない、界面活性剤の多用を避ける、ことです。オイルクレンジングも洗浄力が強く、必要以上に皮脂を落としてしまうので注意が必要です。

 

泡洗顔が主流になってきていますが、泡がクッションとなって、肌を傷つけないように洗顔ができます。石けんタイプ、クリームタイプ、泡がそのまま出てくるもの、などいろいろな商品が発売されています。

 

しかし、界面活性剤の力で汚れを落とすタイプのものは、注意が必要です。界面活性剤は洗浄力が強いので肌が必要とする皮脂まで汚れと一緒に落としてしまい、肌が乾燥するからです。

 

乾燥すると、肌のバリア機能が低下するために、様々な肌トラブルを引き起こします。バリア機能を修復しようと皮脂の分泌が過剰になりニキビの原因となったりもします。

 

まず洗顔方法の見直しをして土台をしっかり作り、若返りのためのスキンケアで肌のトラブルを改善していきましょう。

 

⇒ さらに肌のトラブルを改善する、若返りのためのスキンケアについて詳しく読む。